ヒアロディープパッチが危険なんてとんでもない理由!

ヒアロディープパッチは目の周りのシワ対策を目的に開発された商品です。

 

シワといえば、年をとったと感じる大きな現象です。

 

特に女性にとってのシワは男性以上にやっかいなことでしょう。

 

ただ、ひと口でシワといっても、顔に出来るシワがあれば、顔の中でも目の周りに出来るシワ、口の周りに出来るシワ、
更には、腕や体に出来るシワなど様々な場所にシワは出来ます。

 

この記事では、一部で噂があるヒアロディープパッチの危険性を検証してみたいと思います。

 

>>> ヒアロディープパッチ 公式サイトの確認はこちらから

 

 

 

ヒアロディープパッチが危険だと噂される理由

 

ヒアロディープパッチが危険だと噂されるということは、「体にとって良くないことが起きるのでは」と考えられているからですね。

 

ヒアロディープパッチのどの部分が危険とつながるのかを考えてみると、「針」という部分が当てはまると考えられます。

 

というのも、ヒアロディープパッチは保湿成分であるヒアルロン酸をマイクロニードル技術を用い、極細の針の形状に成型することで、肌内部に直接届けることに成功しています。

 

ただ、その反面、いくら細くても針なので肌内部に入る時は「チクッ」と感じるという感想を持たれる方が多いようです。

 

しかし、本当に危険なのでしょうか?

 

 

ヒアロディープパッチが危険なんてとんでもない理由

 

ヒアロディープパッチのヒアルロン酸で出来た針はわずか200マイクロメートルという極細です。

 

しかも、ヒアルロン酸針は肌に入るとすぐに溶け始めます。

 

そして、ヒアロディープパッチを目の周りに貼ることで得られる効果は医学界でも認められています。

 

大衆雑誌ではなく、医学書である「医学と薬学」という医学書だというところが信憑性が得られるところです。

 

ヒアロディープパッチが目の周りのシワに与える影響を論文にまとめ、その論文が雑誌に掲載されたということです。

 

雑誌といっても、医学誌となれば信憑性のある情報しか掲載しないので、ヒアロディープパッチの危険性は考えなくても良いでしょう。

 

ヒアロディープパッチを使うタイミング

 

ヒアロディープパッチはどのタイミングで使えばよいのでしょうかですが、次のタイミングです。

 

 

お風呂上がりに「洗顔・クレンジング」を行い、次に「化粧水」を塗ります。

 

そして、「美容液」や「乳液」、または「クリーム」などを塗ります。

 

ヒアロディープパッチはこの段階で使うことになります。

 

基本的なお肌のケアが済んだ後にヒアロディープパッチは使うということです。

 

そして、ヒアロディープパッチを貼った後はそのまま就寝するという流れになります。

 

ヒアロディープパッチの仕様上の注意点

 

  • 濡れた手でヒアロディープパッチを触らない
  • シートの中央部分はヒアロディープパッチで出来た針があるので触れない
  • シートは目の際から3mmほど離すこと
  • シートは一度貼ると貼り直さない
  • シートを貼る際は真上から優しく押さえ肌とシートを未着させる

 

ヒアロディープパッチは200マイクロメートルという極細な針が敷きつめられたシートですが、ちょっとした間違った扱いで針を壊してしまいます。

 

ご使用の際は最新の注意を払って取り扱って下さい。

 

>>> ヒアロディープパッチ 公式サイトの確認はこちらから

 

 

関連ページ

ちりめんジワのケアにヒアロディープパッチを使ってみた
ヒアロディープパッチでちりめんジワのケア。ちりめんジワのケア目的でヒアロディープパッチを購入しての使用感と注意点をご紹介します。